スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。

Telstra unveils 5G WIFI hotspots in Australia
5Gホットスポット? なんのこっちゃ? と思ったら、単にWi-Fiサービスのバックホールに5G(のような無線方式)を使ったってだけでした。だからぜんぜん5Gサービスじゃないです。5Gの主要技術要素は三つ。高速、低遅延高信頼性、大量接続。
高速→×。Wi-Fiの速度が上限になります。
低遅延高信頼性→×。運任せのWi-Fi接続、信頼性なら3Gにも劣ります。
大量接続→×。Wi-Fiは接続数が増えると指数的に衝突が増えてあっという間に使い物にならなくなります。
いや、5Gの使い道のアピールとしての実証実験であることは重々承知ですけどね、「give consumers a taste of 5G(ユーザに5Gを味わってもらう)」には一ミリも到達してないです。ユーザ体験として、バックホールに1Gbpsの光回線を使ったWi-Fiと何が違いますの、って話です。うん、それだけ。

tweet TWEET

5G商用化に向けた現状と課題は?ドコモの5G推進室 室長 中村氏が語る
以前に私が5Gは技術フラグメンテーションが深刻になると主張したのと同じことをおっしゃっていますね。そうなんです。各社がガラクタ(あえてのガラクタ表現)を寄せ集めて5G的なことを実現しようとデモをしまくったその結果を強引に3GPPに持ち込み、3GPPではどの技術がより適しているかの慎重な議論を避けて全部オプションとして入れましょう的なことをやってる。3GPPって以前はこんなにひどい機関じゃなかったんだけどなあ。特に技術フラグメンテーションに関しては極めて慎重で、その気になればどっちの実装でもいいと思うんだけど、というような案件でも、時間をかけてしっかりと整理し、誰もが準拠したデバイスを作りやすい方式にしっかりと絞り込んでいったものです。5Gに関しては、とにかくひどい。実用化時期ありきで議論が進んでいる(むしろ議論をせずに進めている)。で、ですね、3GPPがこんな感じになった理由には、なんとなく心当たりがあるんです。2010年代から、中国ベンダの発言力がものすごく大きくなってきてるんですね。で、中国ベンダが押し込もうと思った仕様は、ほぼ確実にオプションとして採用される、って言う流れ。当時は、まあ中国も当局のお達しとかあって大変だしね、なんていう同情的な反応も多かったような気がしますが、今は、力にものを言わせたゴリ押しが多いイメージ。特に、中国ベンダ製品を採用した事業者が世界中に広まり、とにかく安さで圧倒的なシェアを持っちゃったもんだから、中国ベンダが「こうしたい」というと事業者たちは左から右で言うことを聞かざるを得ない。中国にはHuaweiやZTEといったよく知られたデバイスベンダだけでなくいろいろなベンダがいて、それぞれにいろんな事業者と組んで5G開発を進めているものだから、それぞれがバラバラの仕様を押し込もうとする。もちろん、伝統的な欧州ベンダだって黙ってない。だけどお互いにガチで仕様バトルをするような時間もないから、お互いに「じゃあオプションってことで」になっちゃう。よく勘違いされていますが、3GPPって「デファクトスタンダード」なんです。国際機関が定めた「デジュールスタンダード」ではなく。後者は、いろんな国のいろんな事情があるから、ってことで、幅広く定めることが多いのですが、前者は、「結果としてこういう実装にしてみんな幸せになろうぜ」っていう標準。だから、もとから3GPPではしっかりとターゲットを絞った標準化を実施してきたんです。それが揺らいでいるイメージ。というか、3GPPが、自分のことをデジュールスタンダードだと勘違いし始めている感じ。それじゃあ上手くいかないよ、と思うんですけど、どうなんでしょうね。

tweet TWEET

そうそう、3/1にauひかりが5G/10Gのサービスを始めてですね、確認してみたらうちも見事にサービスエリア内でした。

ってことで、よっしゃー、追加料金なしで5Gになるなら申し込んじゃうぞー、と思ってですね、申し込もうと思いつつ、そうそう、宅内側もマルチギガ対応にしないと意味ないよね、とおもむろにamazonなんぞで検索してみて。

しょうがない。10G対応スイッチが3万円前後ってのは、まあ分かる。これでもかなり安くなった。最悪、マルチギガにしたいPCだけHGWの10GBASE-Tポートに挿しちゃえばいいし。

10G対応のNICが、冗談みたいな値段。怪しいものを除くと、PCIeアダプタが軒並み2万円前後ですよ。なんじゃそりゃ。5GBASE-T対応のUSBアダプタなんてものもあるんじゃないかなーって検索してみたら確かに引っかかったけど、6万超え。なんじゃそりゃ。

家の中の配線は、一応、cat6 37m未満で設計したんですね。いや、ハウスメーカーのなんか社内規格の関係でcat6e/a以上のケーブルを採用できないとかなんとかで苦肉の策で、だったんですけど。で、スイッチはハウスメーカーの埋め込み品を断って、LAN集合コンセント(パネル)だけ作ってもらって、自分で持ち込みにして、スイッチだけ交換すれば10G-LANが構築できるよ、っていうもくろみだったんですけど。

NICがネック。ニックがネック。ニックキュウはネッコ。

まあそんな感じで。

とりあえず手数料以外はかからないので申し込みはするんですが、5Gの本気スピードを見るのはまだ先になりそうです。5G←→10Gの間の契約変更はペナルティなしで出来そうなので、環境がそろったら一瞬10Gに切り替えて本気を見てみたいですね。

まあそんな感じで。

(オチなし)

tweet TWEET

2018/3/2 09:55 · 事業考察 · (No comments)

もうすぐテザリングが有料化しますね。

ああ、とりあえずキャンペーンの無期限延長をしたドコモとか、元から契約後2年だけ無料だった古いプランを除く。

そもそもね、なんでテザリングが有料なんだ、っていうツッコミがありますよね。データ通信路が開いていたら、それをその後どう料理しようがユーザの勝手でしょ、と。

これはもう、本当にキャリアのご都合なんですよね。いや、「こっそり料金追加して儲けてやろう」なんていう意味ではなく。いや、その意図も多少はあったかもしれませんけど。

テザリングするとAPNが強制的に切り替わる、なんて話はもう飽きるくらいに話を聞きましたが、まずは、それはなぜ? ってこと。その部分がね、実はもともと理由が不明瞭なんです。が、なんとなく想像がつきます。というのがね、いわゆるi-mode時代の遺産だと思うんです。管理下の端末がダイレクトにアクセスするネットワークと、PCがアクセスできるネットワークのサービスレベルやらセキュリティレベルやらがばらばらに管理されてた、たとえば、i-modeとmoperaではまったく別のネットワークだった、その名残と考えると分かりやすいと思います。要するに前例主義。「一般のPCがアクセスできるAPNと、(端末認証だのコンテンツ認証だの料金回収代行だののいろんな機能のある)spmode用のAPNを一緒にするのはまずいだろう」という判断。キャリアが端末向けアドレス帯域を公表しコンテンツ側がソースIPアドレスで挙動を変えたりなんていうことがまだ当然だった時代のお話。「今まで受け継がれてきたもろもろの仕掛けをひっくり返すのはまずいよ」と。もしコンテンツ側がソースIPアドレスだけでi-mode向けの特典コンテンツの表示有無を判断していたとしたら、そこにPCが入ってきて特典コンテンツを持っていってPC上で無限にコピーするなんてことをされるかもしれない。そういうことをされないためにも、端末向けネットワークは厳重に隔離しなくちゃね、と。その「厳重に隔離しなくちゃね」という部分だけが形式上のポリシーとして残っちゃったわけです。

ということで、従来と同じことをしとけばとりあえず安全だろ、ってことで、各社、テザリングするときは別のAPNに切り替わるように仕掛けを入れることになったわけです。

とはいえ、別のAPNを一つ追加で管理するというのは、それなりにコストのかかるお話です。「PCで無茶な使い方をされるかもしれないから」ってのが建前ですが、本音としては、APNを一個余計に持つことのコストを何とかペイさせなくちゃ、ってことなんです。

分かりますよ、APNなんて所詮論理的な区分に過ぎないんだからコストなんて、っていう。でも、論理的な区分に過ぎないとしても、APNが一つ余計にあることで、もっと下層の伝送装置にいろいろと設定を入れなきゃならないし、端末の受け入れ試験でもAPN対向試験の工数が単純に倍、組み合わせで+αになる。それらの履歴を管理し続けたり、別の理由での保守(装置入れ替えやら端末のアップデートやら)のたびにそれらの工数が余計にかかる。それぞれは微々たる物でも、「APNを一つ余計に持つことによるコストの総額」は割りとバカにならない額になるんじゃないかと思うんですね。で、あとは、各社の社内政治のお話。そのコスト増は誰が持つんだという押し付け合いの結果、「ユーザに負担していただきましょう」。

いやはや、ほほえましいですね。「従来の仕組みを変えたくない」「余計なコストがかかるのがやだ」「自分の部門がそのコストを持ちたくない」「(あわよくばARPU向上に貢献したとほめられちゃおう)」……などなど、実に人間的なエゴが積もりに積もって、テザリング有料化に繋がっているわけです(あくまで想像です)。

ドコモは、SIMロックフリー関連のいろんな外部的な圧力もあり、IMEI制限撤廃からの事実上spmode分離の堤防決壊を契機として、やめちゃうことにしましたが、他社は決断できますかね。いろいろ言ってもテザリング専用APNは維持しなきゃならないしそのコストはユーザに転嫁しなくちゃなあ、なんて悩んでると思います。スタート地点で、i-mode時代の栄光を捨ててゼロベースで考えられれば、こんなことにはならなかったんだろうと思うんですけどね。

なんて考えると、巨大キャリアの面々がとても人間くさい身近なものに感じませんか?

(なんだこの締めは)

tweet TWEET
2018/3/2 09:55 · 事業考察 · (No comments)
2018/2/22 12:56 · ねこ · (No comments)

やっべ、忘れてました。

今日は猫の日。

猫の日スクリプトが自動起動する恐ろしい日です。

毎年忘れててメールで「おいやめろ」と突っ込み入れられるんでした(笑)。

猫の日は絶対にやめませんよ。

tweet TWEET
2018/2/22 12:56 · ねこ · (No comments)

ドコモも食べ物を毎月プレゼント!3月はマックのグラン ベーコンチーズ、4月はローソンのプレミアムロールケーキ
おまえもやんのか(笑)。個人的にはこの「食べ物タダ配り」、迷惑なイベントとしか思ってないので、ほんとやめてほしい(笑)。特に曜日とか日付とか指定のやつはマジやめろ。日付指定にしなかっただけドコモはほめたげる。いやほんとさ、子供がミスドのドーナツ食べたい、とか言い出して、しょーがねーなーって行って見たら長蛇の列、とてもじゃないけど買える空気じゃなくて子供ギャン泣き。あるある。いや私もauスマホ使ってますけど、「タダでもらえるメリット」よりも「あの行列に並ぶデメリット」のほうがはるかに上回っていて、メリットを受けられる本人にも関わらず「アレやめろ」って思うくらいですもん。auユーザじゃない人から見たら「au氏ね」ですよ。吉野家はさすがに子供が行きたいなんて言い出さないし、ひとまず必ず金曜日だから子供つれて出かけなきゃならないってことは起こらないですけど、3のつく日は二月に一度くらいは土日に当たりますよね。殺意沸きます(笑)。もうほんとやめろ。

tweet TWEET

【今日は何の日】1月31日:NTTドコモがPHSサービス終了を発表した日【iNTERNET magazine Reboot】
いまさらだけど、これって惜しいことしたよなあ、って思うんです。いやさ、ドコモがパーソナルのロケーションを引っぺがして再利用するところまで見越して引き受けることにしたんだろうと今になって考えれば分かるんですけど、今でも私は、PHSは固定電話の延長線上のサービスだっていう考え方は変えてなくて。つまり、NTT東西に譲られるべきだったんじゃないかと思ってるんです。何しろ交換網はNTT東西のものをそのまま使ってますし、そのおかげでめんどくさい緊急通報などのシステムも固定電話のシステムをそのまま流用できています。事実上固定電話向け交換機とPHS交換機は共通で、固定電話とPHSはアクセス区間が有線か無線かの違いしかないといってしまっても過言ではありません。もちろんその上にエリアをまたいだモビリティ実現のために位置登録システムが必要になってその投資と維持が死ぬほど重いのだろうと思いますが、もしその機能だけを除いた固定PHSシステムを作り移動PHSシステムと共通の無線機を使おうと思ったら、出来ない話じゃなかったんですよね。各家庭が持っている(持ってない人も多いけど)0AB電話のアクセス線のひとつとして、PHSのネットワークを活用できるし、たとえばメタル電話や光電話のケーブルが物理的な断になったときに備えてゲートウェイとか電話機にPHSモジュール+バッテリを内蔵しておけば災害対策にもなります(同じ番号で固定端末と移動端末の両方呼び出すなんてのはPHSの得意技)。いずれ無線区間だけDECTにマイグレーションすれば国際的にも通用するバックアップ付き固定電話としてそれなりの需要が見込めたんじゃないかなあ、なんて。とすれば、移動PHS(070PHS)をやめても、全国張り巡らせた1.9GHz帯ネットワークは無駄にならなかったのになあなんて思うんですね。DDI pocketことウィルコムことY!mobileは……まあなんつーか、がんばってPHSの固定電話性を自己否定してたわけですけど、そこ否定しちゃったらガチでレッドオーシャンで揉まれるしかないって分かってたのかなあ。結局PHSという技術としてはもうすぐ消えそうだし……。

tweet TWEET
2018/1/30 14:40 · 事業考察 · (No comments)

 今回のこの件ではやたらとMNOの肩を持ってMVNOをけなしてきましたが、決してMVNOが憎いわけじゃありませんよ。ただただ、今回MVNOが提起した論点があまりに筋違いだから、ってだけで。

 結局、おかしいのは「一部のMVNO」なんです。多くのMVNOは、ただ安いだけじゃなく、いろいろな付加価値をSIMにつけています。MNOには真似できないような。私だって、MNO三社分回線保持しながらも、MVNO回線も使っています。いやあ、デイリーで容量が回復するSIMってすっごく使いやすいんですよね。それ以外にも、カウントフリーだったりおまけのコンテンツがあったり容量シェアの範囲がアホみたいに広かったり(赤の他人と容量シェアできたり)。いま人気の出ているMVNOのほとんどは、なにかしらMNOに真似できない付加価値、単なる価格競争じゃない魅力を持っています。そういうところはしっかり生き残ると思いますよ。
 問題は、本当に単なる価格競争を仕掛けているMVNOたち。とくに、MVNEから借りて再販してるだけのMVNO。そういう連中が、ただ安い安いを連呼した結果、MNOもたまりかねて値下げに向かったわけです。というか、KDDIとソフトバンクですよね。ドコモは困らないんです。最低限、そういう連中であろうとも接続料を払ってもらっている限りはネットワークは維持できますから。KDDIとソフトバンクは、ユーザがドコモ網に流れてしまうと本当に潰れてしまう。それを防ぐためには、身を削っても価格競争に付き合わざるを得なかったんです。両者ともドコモと同規模のネットワークを維持しながらユーザ数は少ないので相対的に接続料を高額にするしかありません。算定基準の公開が義務付けられた以上、競争上、ドコモには絶対に勝てないマーケットに立たされてしまったんです。だったら、エンドユーザ相手の商売で競争に付き合うしかありません。
 今回の結論が「ドコモ以外潰れろ」ってことにしたいんなら別にいいんですけど。

 そうじゃないよね?

tweet TWEET
2018/1/30 14:40 · 事業考察 · (No comments)