スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。
2013/7/26 23:59 · ニュースコメント

いま、一番読まれている記事は:【詳報】孫社長が総務省に猛抗議、十分な議論を経て周波数を割り当てるべき
いつものですね。SB系×UQ×ウィルコムでWBAの取り合いをしていた時も、一部報道を勝手に取り上げて顔真っ赤にして飛び込む、と言う予定調和コントを見せてくれましたが、今回も、「またか」としか言えないですね。あれ、900もらう時も事前報道でソフトバンクだろうなんて論調はあちこちで見ましたが、その時、ちゃんと総務省にカチこんで「議論前に決まっているとは何事だ!」って抗議しましたっけねぇ、孫先生?自分がもらえるときはスルー、もらえないときはカチこむ、って、明らかにダブルスタンダードですけどねぇ。ま、公平公正からは一番遠いところにいらっしゃる会社ですから、別にその程度のダブスタで鬼の首取ったなんて思いませんけど、こういう会社ですよ、ってことを世の皆さんにもっと知ってほしいですね。
いま、一番読まれている記事は:[速報]2.5GHz帯はUQコムへの割り当てが濃厚、孫社長が総務省に猛抗議
ついでに。技術的観点で言えば、割り当てはUQ一択だと私は思ってたんですよ(このサイトでも書いたことがあった気がする)。自社内で干渉調整できるのと、干渉調整が社間にまたがるのとでは、展開難度が桁違いですよ。異なるキャリアの異なるベンダの異なるシステム間で完璧な同期なんて無理ですから。だから、もしWCPが獲ったら、いずれかの形で必ず周波数ギャップが生じます。UQが獲れば、WiMAXの巻き取りも含めてそのギャップまで100%利用できることになります。どっちが電波の利用効率が高いかといえば、当然後者です。それでも、そういった点を一切加味せずに、公平な審査基準を作った総務省には、私はむしろ呆れていたくらいなんですよ。常日頃、電波は大切に!なんていってるくせに、UQ以外に獲る可能性を与えること自体がナンセンスな帯域なんですよ、2.5G帯上方については。そこは、なんか別の帯域とセットで提案して、両方にほぼ確定の可能性を与えるべきでしょ、と思ってたんですが、総務省はバカ正直に2.5G帯オンリーで募集しちゃって。また行政訴訟だのなんだのでサービス開始時期を一秒でも遅らせようとする孫先生得意の戦略がさく裂して、結局割を食うのは、一般ユーザなんですから、困ったものです、総務省にも。総務省の失策としか言えませんね。
国内最速150MbpsのLTEサービス提供に向けた試験運用を開始
さて、ほぼスカスカの1.7G帯を最大幅で本格投入開始、と言う感じですが。これがしっかり面カバーしてくれば、ドコモのLTEがまさしく「最強」になるのは間違いありません。今まで実質2G帯だけでLTEを捌いていた状態から、1.5Gの強化、1.7Gの本格投入、と向かうわけですから、LTEに関して言えば品質の大幅アップが期待できそうです。あとは、エリアの広さだなぁ。1.5G/1.7Gが2G帯より広くなるのはまだ相当時間がかかるだろうし。田舎の方では実に残念なエリア状況なんですよね、ドコモLTE。早く800MHz帯で一気にベタ塗りするところまで持って行ってほしいところです。
ソフトバンクグループのWCPが総務省に不服申し入れ、再審議や公開ヒアリングを求める
じゃぁソフトバンクに割り当てられた900MHzに関しても認定をいったん取り消して免許をすべて停止し、この申し入れ書に書かれているのとまったく同じ内容のすべての証拠を開示して審議しなおさないといけないですねー。何せ電波監理審議会審議前にソフトバンク当確とか言われてましたもんねー(棒読み)。

tweet TWEET

[Tweet]

Written by


ケータイニュース.net
当サイトのニュースチェック用情報収集ポータルをコメント機能付きで開放中。

コメントをどうぞ

ログインしないとコメントできません。