スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。
2012/5/28 23:59 · ニュースコメント

電車・高速道路・地下街…、スマホが切れにくいキャリアをICT総研が調査
まぁなんつーか、順当な、というか、予想通りの結果。でも、本当に不思議なんですよね、ソフトバンク、あれだけエリア投資しているのにどうしてやっぱり「切れやすい」になっちゃうのか。いや実はちょっと小耳にはさんだ話というかあれなんですけど、都心では、すでにソフトバンクが一番容量に余裕があるキャリアになってるみたいなんですよ。ちゃんと計ってみると、実はソフトバンクが一番チャネルに余裕があるらしい。んですけど、なんかやっぱりどこかにヘボい設計が残っちゃってるんでしょうね。この辺を一掃するまでは「切れやすいキャリア」の汚名はついて回るかもしれません。逆に、一番インフラが強いとされるドコモは、音声に関しては十分な強さを見せながらも、データに関しては散々な結果。郊外は良いんですが、都市内の電車移動では一番ダメと言う結果が出てしまいました。イメージ的に、音声容量確保のためにデータの切り捨て閾値が低めになっている、って感じでしょうか。この辺は割り当てポリシーの問題なんですが、そもそも、ドコモはAndroid一本状態でデータ容量は相当逼迫していることがうかがわれます。で、何となく平均的にいい感じなおかげで結果として切れにくさトップになってるau、って感じですね。Androidが完全に主流になる前にiPhoneを出したのがよかったのかもしれません。そうそう、調査結果、本当に0.数%の争いで、そんな差に意味はない、と言ってしまいたい気持ちもあるんですが、接続成功率とかで1%の差と言ったら通信インフラ的には「大差」ですからね。50馬身くらい離れた大差。そういう気持ちで結果グラフを見てみると、あードコモのあれは相当やばいな、とか、あー、イーモバ的にはあの辺のセクションは完全に捨ててるね、なんてのが見えてくると思います。

tweet TWEET

[Tweet]

Written by


ケータイニュース.net
当サイトのニュースチェック用情報収集ポータルをコメント機能付きで開放中。

コメントをどうぞ

ログインしないとコメントできません。