スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。
2015/1/26 23:59 · ニュースコメント

2015年、MVNOに期待すること
いやー、それこそ間違いだらけ、と言いたくなりますけど。そもそもMVNOってサービスレベルの定義をしないから安いんですよね。それを言ったら公衆で無線で提供するサービスなんて全部サービスレベルを定義なんてできないんでしょうけど。MVNOはさらに全国一箇所~数箇所程度の接続点にすべてのトラフィックを集中させることで「一掴みいくら」の勘定でMNOから帯域を借りているので、その前提を崩す「ユーザごとのサービスレベル保証」なんてことをやり始めちゃったらとたんにビジネスが破綻するでしょうね。MNOでさえ、基地局(セル)あたり一掴みいくらでしか品質管理ができないわけですから、MVNOが提供できるものはそれを超えることは絶対にありえないんです。もちろん、将来的に帯域保証型サービスをMNOが提供するようになればMVNOもその回線の再販をすることで同じことはできるんでしょうけど、結局、ここでいう「MVNOの良さ」=「安さ」は消えちゃいます。IP電話の検証&品質保証なんてさらに雲の上の次元ですよ。そんなレベルの品質保証が欲しいならおとなしくMNOのVoLTEでも使ってろってことです。MVNOを使ったりOTTのIP電話を使ったりするなら、当然集線リスクはユーザ側が負わなきゃならない、そこはきっちりとコスト&リスクを利用者側が判断していくべきなんです。そういう意味で、「このポイントで集線してますよ」とか「この区間の遅延やスループットは保証できませんよ」なんていう部分を開示するという意味でのサービスレベルの提示は必要なのかもしれません。MNOに対する劣位をさらすだけのそういった情報の開示をMVNOがわざわざするとはおもえませんけど。

tweet TWEET

[Tweet]

Written by


ケータイニュース.net
当サイトのニュースチェック用情報収集ポータルをコメント機能付きで開放中。

コメントをどうぞ

ログインしないとコメントできません。