スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。
2016/12/5 10:18 · ニュースコメント

Google、うるう秒の1秒分を前後20時間のクロック変更で吸収UTCでの23時59分60.5秒に、NTPサーバーの供給時刻が1月1日0時00分00秒に
googleに限らず、大体の情報サービス、情報機器はこんな感じでこっそり対応してるんですよね。うるう秒が決まると、数ヶ月前にはGPS信号にリープセカンド信号が追加されるので、それを受信した情報機器はその前後で秒が飛ばないように前後十分な時間の間に1秒をほんの少し伸ばして対応する、ってのが一般的なGPS同期型装置のアルゴリズムになっているようです。NTPが話題になっていますが、もっと厳密な同期が必要なTD-LTEがこのへん結構大変なんですよね。前後20時間だと0.014%ですが、これは140ppmに相当します。TD-LTEの同期誤差としてはちょっと大きすぎ。なので、TD-LTEでは多分もっと長い時間に引き伸ばして調整を行っているはずです。もちろん物理層の仕様だけで言えば、「全く調整せずうるう秒の瞬間に一秒飛ばす」って運用も可能だと思いますが、内部のもろもろの制御システムや他のNTP同期ノードとの連携も含めたシステム全体への影響を最小限に抑えるためには、この「徐々に引き伸ばし作戦」をとってるんじゃないかなー、と思います。

tweet TWEET

[Tweet]

Written by


ケータイニュース.net
当サイトのニュースチェック用情報収集ポータルをコメント機能付きで開放中。

コメントをどうぞ

ログインしないとコメントできません。