スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。

iPhoneの文字入力でカーソルを簡単に移動させる小技
てゆーか本当にiPhoneってカーソル移動ボタンがないのよね。仕事でiPhoneを持たされてるんですけど、とにかくメールを書くのが苦痛でしょうがない。単漢字変換もできない。いや、できるんですけど、単漢字じゃないと変換できないって気付いたら予測変換候補と文全体変換候補と文節候補と単語候補と単漢字候補がごちゃまぜに表示された候補のなかから目的の漢字を探してね、でちょっとタップ間違えるとアウト、みたいな、ね。社外アプリなんて当然インストールできないよう管理者ロックされてるしね。Androidだとどのキーボードアプリでもだいたいカーソルを前後に動かすボタンがついてるし、変換範囲を変更して変換キーを押すと単漢字変換モードに切り替わって余計な予測候補が一掃されるし文節単位だろうが単語単位だろうが好きな単位で順次確定していけるし。iPhoneの入力、作りこみが甘いとかじゃなくて、開発者一度も使ってないだろ、ってレベルでUIが稚拙。あんなUIでLINEの会話サクサクしてる人とか、本当にすごい。文を推敲しないで誤字もそのままに垂れ流しにするような使い方ならまだ分かるけど、逆にそういう使い方しか出来ないですよね、iPhoneの入力メソッドって。相手に自分を頭悪そうに見せることができる、そう、iPhoneならね。
(謎の辛口)

tweet TWEET

【やじうまWatch】いきなりの電話、なぜ迷惑?理由を詳しく解説したエントリーが多数の共感を集める
一応コメントしとくけど、電話は「相手の時間と行動を拘束するために」やってるからね(笑)。ながらで対応されたくない案件とかね、リアルタイムで今この瞬間に知っておいてもらわないと困る情報の共有とかね、そういうことのために電話を使うんです。それを否定するんなら、ビジネスのやり方の一つを否定するってこと。なんか、電話使うヤツに限って仕事できない、みたいなこと書いてますけどね、私の印象は逆。何でもかんでもメールで済ませる人ほど仕事が遅く、結果を出せない。昔の私も含めて、ね。まず相手の注意の100%を自分に振り向けて、インプットとアウトプットを10分以内に済ませる。その後で会話内容をメールで確認する。こうやっていかないと進まない仕事ってのはあるんだよね。こういう手段を活用できない人は、他の人が一日で出来る仕事に一週間かけてることが多いんです。で、その間何してるかっていうと、一生懸命話す内容や聞かれるかもしれないことを資料化したりメールの文案を考えてたりするんですよ。電話なら(記録が残らないから)粗雑な発言をして相手に訂正してもらっても全然問題ない。むしろそれでお互いの理解が深まるわけじゃないですか。記録が残る手段だと、不用意な言葉を入れてしまわないように慎重になるあまり真意・本質を伝えきれないことも多いと私は感じています。顔を合わせての打ち合わせってのも同じ。迷惑とかそうじゃないとかって話じゃないんだよね。相手だって、結果として、こちらの注意を100%振り向けて欲しいタイミングがあるはずなんです。今はこの件のことだけ考えて、ってことがお互いにあるはずなんですね。即時通信、リアルタイムの通信手段がいつまでも廃れないのはそのためだし、そういうのが不要だと思ってるうちは、たぶん、たいした責任のない仕事しかさせてもらえてないんだって思ったほうがいいよ。

tweet TWEET

AIベンチャーの雄が総務省の開発指針に反対する理由
ほんとそう。どうも、お役所もマスコミも含めて、AI(的なもの)に対する理解が浅すぎると思うんです。よく「AIを搭載しているのでさまざまな状況に対応可能!」みたいなふれこみの研究結果とかを見ますけど、それを見て、「AIが勝手に最適化のために人の権利を脅かすことがあるんじゃないか」みたいな議論が起こる。ばかばかしいというか、そもそも、今AIと呼ばれているものは、課題を設定する能力を持ってない。課題とあるべき姿を人間が設定して、その間をつなぐ最適に近い答えを導くのがAIの主な機能なんです。当然ながら、その仕事はAIの設計者ではなくAIの利用者です。課題と目標の設定をし学習させるのが一次利用者とするなら、その結果を使って生活に役立てる(たとえば自動車の自動ブレーキとか食材ごとの最適なあたため時間とか)のが二次利用者。あるいは、二次利用者がAIの導いた答えを使って製品を設計し提供することもあるでしょう(この場合は三次利用者が生じる)。汎用のAIを作りそのAIに空力だの過去の航空事故事例だのを学習させそれを使って最新旅客機を設計し航空会社がそれを運用して客を運ぶ。ここで事故が起こったときに最初のアルゴリズム設計者に責任が一端でもあるかどうか。ある、という結論となるなら、「じゃあ何に使われるかもわからん汎用AIの開発なんてやーめた」になるに決まっています。航空機の図面引きに使われるCADの開発者に事故の責任がある、と言っているのと同じです。AIを他の道具と区別して議論しようということがそもそもナンセンスだと思うんですけどねぇ。

tweet TWEET

オススメの記事


格安スマホ封じ込めの切り札?日本でも無制限プラン復活か
これは本当にそう思う。無制限プランは「たくさん使う人」が対象じゃないんです。「使う量をいちいち気にしたくない人」が対象なんです。何も考えずに好きなようにいつも高速で使える。たとえ月間利用量が1GBに満たない人でも、今より余計にお金を払ってもいいと考える、それだけの価値があると思うんです。そもそも、今は月間利用量が定まっているからこそ、「たくさんあまってる、使わなきゃ」っていうモチベーションも喚起しちゃってるんです。必要もないのに、せっかくあまってるから、と動画視聴しちゃう、「上限」がそういう誘引要素になっていたりするわけです。本末転倒ですね。ぶっちゃけね、利用量にとらわれず何も考えずに使う分で言えば、たいした容量にならないはずなんです。人間の処理リソース(つまり余暇時間)に限界がある以上。それを逸脱した機械的(マシンタイプ)な大量ダウンロードにさえ対処すれば、むしろ無制限プラン導入はキャリアにとってARPU増設備投資減っていう効果として現れると思うんですね。チマチマ気にして使う(使える)人(多分30代くらいまでの若者層)がMVNO、収入に余裕が出来て精神的な余裕をカネで買うことができる人(多分40代以上)がMNO、そんな風にすみわけが出来ていくんじゃないかと思うんですけどね。まあ、MNO諸氏はもう少し痛い目を見ないとそこまで思い切った舵きりが出来ないと思いますけど(笑)。

tweet TWEET

雨にぬれても平気なソーラーモバイルバッテリー登場!―ん?それって意味ある?
ツッコミとしては面白いけど(笑)、リアルな話をすると、こういうの晴れたから外出して充電しよー、とかじゃ全然足りなくて、普段からリュックの外側にぶら下げておくくらいのことをしないとまともに充電できないから、私としては「やっといろんな意味で実用的なソーラーモバイルバッテリーが出たなあ」くらいの印象なんですよね。防水じゃないやつだと、ぶら下げっぱなしだと怖いですよ。急な雨や湿気で壊れるならまだしもショートして発火とかまで考えたら、ちょっとした山歩きでぶら下げて歩くなんて怖い怖い。ソーラーは「天候に関わらず放り出しておくもの」として使いたいものなのです。

tweet TWEET

ドコモ、国内最速モバイルルーターWi-Fi STATION N-01Jを3月9日発売256QAM4×4MIMO対応も同日開始
256QAMも4x4MIMOも、ちょっとフィールドを知ってる技術屋ならジョークとしてしか捉えない技術なんですが、まあとにかく、それでスペック上はこの速度ですってんなら、いいんじゃないですか(笑)。いやもちろんね、4x4MIMOが効くエリアも256QAMが効くエリアも、確かに存在しますよ。確実に存在します。三毛猫のオスが確実に存在するというのと同じくらい確実です。まあ要するに狙って効く場所を見つけるのはまず無理、当たったらラッキー、くらいの確実さってことです(笑)。8×8なんてジョークを通り過ぎて悪ふざけですからね(笑)。まあ、屋内ならそれなりにあるかも。もうね、ホットスポット的に、このお店は4×4+256QAM対応の局置いてますよ、みたいな公表の仕方、して欲しいですよね。そういうレベルの技術なので、あまり期待はしないほうがいいかも。素直に5CC-CAで高みを目指したほうがいいと思うんですけど、日本のガラパゴス周波数の5CC-CAなんて対応してくれる端末、当面出てこないだろうなあ。

tweet TWEET

ソフトバンクがダクト干渉波の対策装置、MCA無線の新周波数帯向けに提供
最近、ソフトバンクがファンダメンタルな無線技術の開発に積極的な印象があります。それに対して、ドコモやKDDIはちょっと華のある新技術を鼻にかけている感じ。個人的には、まだまだ無線のアナログ技術には未開の領域がたくさんあって、特に、工夫次第では無線性能を向上させたりこの技術のように干渉を受動的に除去できるようなアイデアはたくさんあるはずなんですが、どうも、CDMA/LTE以降、干渉はデジタル的に除去するものだ、品質はデジタル処理で向上させるものだ、みたいな考え方が強くなりすぎていて、こういう技術をキャリアが積極的に開発していないイメージなんですね。そんな中で、ソフトバンクの最近のこうした活動にはとても好感が持てるのです。何と言うかね、ドコモやKDDIは、ベースバンドから先のことは無線機屋にまかせた、みたいな印象を受けるんです。一方、ベースバンドより上流にはガッツリ力をかけて開発している。ソフトバンクは、ベースバンドより上流どころかコアまで含めてインフラメーカーに丸投げしていて、逆に、その余力をこういう基礎的技術の開発に振り向けているんじゃないか、と思うんです。ぶっちゃけ、ベースバンドやパケットコアの技術なんて標準できれいにまとまっていてがんばって手を入れたところで大して品質やコストに貢献する部分じゃないわけで、むしろ、アンテナより先にこそ未開の領域が広がっている、と私は思っていて、相変わらず、ソフトバンクのそういう「嗅覚」には脱帽するしかないなあ、と。

tweet TWEET

自宅内にWiMAX 2+基地局を開設できる無料のUQ宅内アンテナ受付開始、我が家&ご近所用
え、ご近所エリアって、登録ユーザじゃなくても使えるフェムトなの? だったら使われたデータ量に応じてお小遣いをもらえるようなサービスにしてくれたら、うちにも置くんだけど。UQ契約はないけど(笑)。アンテナを外に向けて道行く人のトラフィックを吸い込めばちょっとした副業に・・・まてよ、その辺のインターネット込みの格安アパートを借りて置いてってのを繰り返せば結構な収入に・・・!?
(なりません)

tweet TWEET