スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。

分離プランは楽天に“不利”――米国シンクタンクから見た日本の通信行政
引用:「結果として技術革新や顧客対応がないがしろとなり、「お上」に何でもお伺いを立てる受け身の姿勢になってしまう」。わははは。もうなっちゃってますよね(笑)。少なくとも3キャリアは毎日総務省の課長クラスの人の顔色伺いしてますから(笑)。その結果が利用者置いてけぼりってのは、まさに指摘のとおり。「不正な表示や勧誘をしっかり取り締まれる仕組みを作る」だけでいいのに、それ以外に、法文化されない「報告書」程度の内容でキャリアが右往左往しているのが日本の通信行政です。いや、だから、今回しっかり法文化したこと自体を私は評価してるんですよ? それ以外の、消費者の目に全く触れないいろんな不文律のせいで支配的キャリアが高コスト体質になって携帯料金が高止まりしてることがこれで解消されるんなら、ね。前にも書きましたがお役所の何気ない一言のせいでアホみたいに高額の独自開発システムを作って結局ほとんど使われもせず除却もできず死蔵資産になってる例がいくらでもありますからね。そういうのが山ほどあるから、見た目上は莫大な利益を上げてるキャリアに実は現金がほとんどない、なんていうヘンテコなことが起こってるわけです。まあ、そういう独自システムの開発で飯食ってる国内ベンダの命綱ってところもあるんでしょうけど。というわけでね、楽天に不利かっていうと、当面はそうはならないです。楽天が「支配的キャリア」に指定されるまでは分離プランの義務はかかりませんから。で、支配的キャリアに指定するかどうかはお役所の胸先三寸。「我々の施策で競争が加速して楽天がこんなに成長しました!」っていう結果が出るまでは、指定しないと思います(笑)。

tweet TWEET

 ニュースでは、「分離プラン義務化」ばかりが取り上げられていますが、私は、分離プラン義務化はなーんにも今の各社の事業に影響はないと思います。だって、現時点で各社とも分離してるもん。というより、見かけのプランの安さを売り込むために積極的に分離してますよね。で、文脈によって「端末代コミ」(「分割支払いサポート割引コミ」)と「端末代抜き」を使い分けて表示し、プランも安い! 端末も安い! って見せ方をしていますからね。

 それよりもこの法案の一番のキモは、「代理店(契約取次店)の届出制」です。この制度さえきっちり運用されるなら他は全くのザル法でいいです(笑)。

 普通の人は、詐欺的な表示でだまされて契約したとき、詐欺犯はケータイ会社だ、と考えます。だから、クレームは当然ケータイ会社に殺到します。

 でも、実態は違うんですよね。詐欺的な表示を率先してしているのは、代理店です。キャリアから課せられたルールを無視して詐欺的な勧誘をしているのは、代理店なんです。実のところ、詐欺的商売で名高いソフトバンクでさえ、かなり厳しく細かいところまで違反表示をしないよう指導していて、違反したら最悪代理店契約打ち切りくらいの対応をしています。それでも、代理店は「バレなければいい」の精神で積極的に違反表示をしています。民間企業に過ぎないキャリアには、全国に何千とある代理店を取り締まることは不可能なんです。特に、NTT系に多いのですが、直接の代理店の下に二次・三次代理店がついているケースがあり、こうした二次・三次代理店はほぼ無法地帯です。

 店頭であからさまな詐欺的表示をするなんてのは可愛いほうです。私が実体験したまたは聞いたことのある三次代理店の手口にはこんなものがあります。

・(訪問してきて)この地域の電柱がすべて交換されることになり、固定回線の切り替えが必要になりましたので、ご了承のサインをお願いしております。
 (実際はフレッツの勧誘、サインするのはフレッツの契約書)

・お使いの固定回線がサービス終了となりますので切り替えのお願いです。
 (実際はフレッツry)

・(auひかり使っている人に)お使いの固定回線の新プランのご紹介です。
 (実際はフレッツry)

・この地域のケーブルテレビ提供会社が変わりますので切り替えのお願いです。
 (実際はフレッツry)

 NTTの勧誘であるとも名乗らないし代理店名も当然名乗りません。下手すると、今使っているサービス会社の社名を堂々と名乗ります。怪しげな浄水器売りつけてるほうがよほどホワイトに見えるくらいの真っ黒代理店が跋扈しています。

 で、分離販売云々に戻るんですが、もし通信と端末の分離をやったとしても、店頭でそのように表示しなければ何も意味がありません。実際、キャリアがいくらちゃんと分離表示してねってお願いしても、代理店は言うことを聞きません。で、これが法で義務化されたとしても、「どうせ御上に怒られるのはうちじゃなくてキャリアだし」になるのは目に見えています。

 だからこそ、今回の改正での一番の目玉は「代理店の登録義務」と、「違反した場合は代理店が直接お咎めを受けること」なんです。法案では、(支配的事業者の)代理店に関しては問答無用で罰則を適用可能になっています。つまり、上で挙げたような勧誘があった場合は、通報すれば警察が動くってことです(笑)。すばらしい。

 ってことでね、もう私は(いろんな人から聞いた話を総合して)悪徳代理店こそが日本の通信事業の競争環境を破壊している犯人だと確信していたので、今回の改正案は諸手を挙げて賛成なのです。悪徳代理店が駆除されて、そういった悪徳代理店から間接的にコスト的な被害を受けていたキャリアが正常な価格競争に動く。これを期待したいところです。

 ですよね、メガキャリア三社さん?

tweet TWEET

2019/2/21 19:26 · ニュースコメント · 1 comment

耳の聞こえづらいお客さま向けサービスみえる電話を提供開始 -通話相手の発話内容をリアルタイムで文字表示-
これはいいよね。専用アプリ同士の通話じゃなくても使えるってのが本当にいい。別に難聴ってほどじゃないんですけどほんのり耳を患ってる身としては、ちょっとした聞き逃しが文字で残ってるってのはすごく心強いんですよね。もう、これだけのためにドコモ回線をスマホに変えちゃおうと思ってるくらい。それに会議のときに電話をかけておいて議事録起こしにゲフンゴフン。ドコモショップとかで試せるのかな? もしいい感じなら本当にスマホに変えちゃうぞ。

tweet TWEET

2019/2/21 19:26 · ニュースコメント · 1 comment
2019/2/11 23:22 · 更新情報 · 2 comments

 以前にとてつもない頻度でのspam投稿攻撃があってから登録ユーザしかコメントできなくしていましたが、いくつかセキュリティ用プラグインを入れてあったのを思い出したので、とりあえず試験的に開放してみました。いわゆるキャプチャ認証だけです。
 ただし管理人はめったにサイトを見に来ないので(コラ)、コメント欄で管理人宛の質問などをもらっても答えられないと思いますのでご了承ください。閲覧者同士でドンパチ有益な議論をするぶんにはなーんにも止めません。でも誹謗中傷個人攻撃とかはやめてね。最近そういうのっていろいろ厳しいので。私も誹謗を受けた人からの開示請求とか受け取りたくありませんから(苦笑)。

tweet TWEET
2019/2/11 23:22 · 更新情報 · 2 comments

2018年12月の通信障害はエリクソンのせい――ソフトバンク宮内社長が発言
はい、アウト。電気通信事業法では役務提供の責任は全て電気通信事業者が負うことと定められていますから、役務の中断の責任も事業者にあります。「エリクソンのせい(=役務中断は法人エリクソンに非があって起こった)」という発言は、たとえ真実だとしても法の上では絶対に言ってはいけない一言です。厳重注意があって直後のこの発言。事業停止を命じてもいいんじゃない?

tweet TWEET

水中光技術で新ビジネスを開拓、水中LANを目指すALANコンソーシアム
水中LANなんてマニアックな技術でコンソーシアム組めるなら無線にゃん技術も実用化に向けたコンソーシアムを作っていいんじゃないかと思いますにゃ。

tweet TWEET

100億円キャンペーンでバーコード決済の便利さを知る
前にも書いたとおりバーコード決済を喜んで導入している人はちょっとアレがアレな人だと思っているのでアレな記事だなーとしか思いません(笑)。いやさ、ちょっと考えてみてくださいよ。利用者視点で。
現金決済:財布から必要な金額を取り出し、渡し、おつりを受け取り、財布にしまう。
クレジット決済:財布からプラスチックカードを取り出し、渡し、受け取って、財布にしまう。
NFC系決済:支払い方法を宣言し、鞄からスマホを取り出し、タッチし、鞄にスマホをしまう。
バーコード決済1:支払い方法を宣言し、鞄からスマホを取り出し、画面をONにし、ロックを解除し、アプリ一覧からバーコード決済アプリを探してタップし、支払い用バーコードの表示をタップし、店員に見せ、スマホの画面をOFFにして、鞄にしまう
バーコード決済2:支払い方法を宣言し、鞄からスマホを取り出し、画面をONにし、ロックを解除し、アプリ一覧からバーコード決済アプリを探してタップし、支払い用バーコードの読み取りをタップし、バーコードをカメラに写し、店員から金額を聞き、表示された画面に金額を入力し、決済完了を確認し、店員に見せ、スマホの画面をOFFにして、鞄にしまう
これで、バーコード決済は便利!(利用者視点で)って言ってる人がいたら、結構アレですよね(笑)。いまどきのクレジットカードなんて、家計簿アプリ連携の明細機能付きアプリなんて当たり前の時代ですから、明細表示が云々ってのも全然バーコードの利点とは思えないし。クレジットが使えない場所で使えるようになった! ってんなら理解します。でもそういう便利さは全く記事では触れられてないじゃないですか。ぶっちゃけ、今時点でクレジットより利用できる店舗が増えているようには、私には思えません。通信環境とか端末とか割とどーでもよくて、店舗としてクレジットを嫌がっているところの大半は手数料を取られるのが嫌だからだと思うんです。そんなところに、クレジットと同じくらいの手数料ですっつってバーコード決済提案して、店舗からしたらどうですかね。今まで客はみんな現金層、100万円の売り上げっつったら100万円が金庫に入っていたところが、みんな(還元率の高い)バーコード決済ばかりになって99万円しか手元に残らなくなります、なんて言われたら、普通入れませんよね(笑)。だから、たいていが、今までもクレジット決済導入してて、どうせ手数料取られるならちょっとでも間口広げたいよねっていう層の店舗がバーコード入れてる状態、なので、利用可能店舗数はほとんど増えないってことになってると思うんです。いや、何が言いたいかっていうと、「バーコード決済がすごく便利で盛り上がってることにしたい人たち」っていうものが容易に想像がついてしまってですね、そういうところに対する反発っていうところがあるわけです。便利なものはほっといても普及しますって。わざわざ不便なものを強引に普及させようとするところがどうにも受け入れられないし、将来的には私自身の不利益にもなるんだろうなーというところが受け入れられないわけで。そんだけ。

tweet TWEET

 キャッシュレス化には、懐疑的なんです。こんにちは無線にゃんです。

(なんだこの書き出しは)

 なんか政府肝いりでキャッシュレス社会がどーとか言い出して猫も杓子もキャッシュレスな昨今。キャッシュレスって本当に便利かな? なんていうベーシックな疑問からもっと深堀した課題まで考えを進めると、どうしても懐疑的にならなきゃならなくて。どうなんでしょね。

 キャッシュレス化を進めようとしている意図は、オリンピックとその先のインバウンドの拡大を見据えたものだろうことは容易に想像がつきます。現金って刷れば刷りっぱなしでそれ以降はコストがかからないもの、ではないんですよね。現金の回転数が増えれば損耗も増えますし、現金の流通範囲が広がれば偽造リスクも上がります。なんにしろ、使う人の数と範囲が広がることは日銀に負荷をかけることが分かっているので、そうした負荷を下げたい、という意図があるんだろうなー、と思うわけですけど。

 物理カード内部にセキュアに保存された電子マネー。まあ、これは分かる。現金代替物としてはたぶんこれが唯一にして最良のソリューションだと思います。使うための準備が面倒なんですけど。

 クレジットカード。これも、分かる。まあ、いろんなところに目を瞑って、なんとか認められる範囲。

 QRコード決済。ないわー(笑)。

 なんでこんな評価になっているのかというと、それは私が通信オタクだからです。

 電子マネーは、内部の電磁的な記録を、接触か非接触かで店舗の『金庫』に移し変えるものです。接触型であればほとんど心配は有りません。まあ、接触型電子マネーって逆に見たことないんですけど。非接触でも、NFC的な近接無線は結構な信頼度が有りますから、それほど心配していません。店舗の『金庫』にたまった電子マネーも、一日に一度かそのくらいで電気通信的な手段で口座に入金すればいいわけですから、現金を使っているのとほとんど同じです。仮にその一日一度の入金作業のときに通信が途絶しても、「じゃあ明日でいっか」で済むわけです。当然ながら、入金に使う通信回線はお店が自分で契約しているものですから、シビアな入金管理をしているなら、それなりに信頼性と補償の充実した回線を契約すればよくて、通信起因で一日入金が遅れたらその分の損害を補償してもらうくらいのことまでお店でコントロールできるわけです。

 クレジットカードは、支払い行為をした瞬間にセンターと通信して承認を取る必要があるため、通信途絶時に買い物が出来なくなるというリスクがあります。まあそれでも、昔ながらの『券面のカーボンコピー+サイン』って方法があるので多少決済が遅れても買い物が全く不能になるってことはないんですけど。でも、未だにクレジットカードの券面をガチャコンッとカーボンコピーできるアレ(名前知らん)を置いてるお店なんてあるんですかねぇ(笑)。もちろんそのときにはオンラインでの信用照会が出来ないので、偽カードも使い放題だし。『店を停電させる』→『偽カードのオフライン決済で買い物する』という攻撃が成立します(笑)。まあなんにしろ、ほとんどの場合はお店が用意した通信回線の信頼性に依存するということです。つまり、決済の信頼性も信用補償もお店が自分の裁量でほとんどコントロール出来るわけですね。

 QRコード決済には、大きく二通りのやり方があります。『お店の印字QRをスマホで読み取り、金額を入力して支払い済み画面を店員に確認してもらう』『スマホ画面に表示したQRをお店で読み取り自動決済する』の二つ。後者は、どちらかと言うとクレジットカードに近いですね。というかほぼクレジットカード決済と同じ。決済する瞬間にお店の回線が繋がっている必要があります。回線が途絶すると、代用手段は有りません。また多くの場合、支払いごとに新しいトークンが生成されるため、客のスマホ側も通信回線が正常である必要があります。前者は、なんというか、やりたい放題です。犯罪者が(笑)。印字されたQRを読む方式は、言ってみれば、お店としてオンラインでQR決済システムに連携するシステムを(コストなどの理由で)持てないことが主な理由です。となると、スマホ画面に偽の「決済済み画面」を表示して店員に確認させたとしても、店員がその場で本当に決済が済んだのかを確認する方法が有りません。その方法を準備できるくらいなら後者の方法を取りますから。やっぱり、決済のためにそれなりに信頼性の高い回線を準備すると言うのはコストがかかります。読み取り機の購入金額とかよりも、将来的にも固定費となってしまう回線の維持費のほうが、クレジットなどの導入をためらう理由のはずで、だからこそ前者のQR決済方式がもてはやされているわけです。それが、やりたい放題(笑)。そのうち、絶対に各QR決済システムに対応した「偽決済完了画面生成アプリ」が出来ますよ。もちろんそんな不正なアプリはapp storeなりgoogle playなりで弾かれる。ほんと? その弾く作業が本当に正しく行われてるかってどうやって確認します? 海の向こうの言葉も通じない誰かの良心が決済の信用性のよりどころなんですよ。また、通信オタクの観点で言うと、どちらの方式も、『客が契約している回線の信頼性に依存している』という最大の欠点があるように思うわけです。先日のソフトバンクの全国全ユーザ断というとてつもない障害を引き合いに出すまでもなく、通信設備の小規模の障害は毎日起こっています。基地局1基が落ちるレベルの障害は発表さえされません。それがたまたま自分がお店を持つエリアで起きたら。たとえば基地局が置いてあるビルが火災になりました、基地局は全部焼け落ちてしまいました、店内の通信復旧は周辺局のアンテナ調整などで半日後です、じゃあ半日間売り上げが激減してもしょうがないとあきらめられますか。ねぇ。あきらめるしかないんです。自分とは全くかかわりのない客の契約した携帯会社の障害のせいで損害食らって、それで誰にも補償の請求を出来ない、万一海の向こうのアプリ審査者が不正アプリを見逃して不正決済で損害を食らってもアプリ掲載ストアには一切補償の請求なんて出来ない、そんな決済手段を喜んで導入しているお店はちょっとアレがアレなんじゃないかと思います。で、売り上げの0.5~2%の手数料を喜んで払ってるわけですよね、下手するとクレジットと同じくらい。ないわ~。

 ってことでね、普及するのは勝手ですけど、QRコード決済の普及を以って『キャッシュレス社会を実現しました』なんて吹いてほしくないわけです(笑)。もうそれ言いたいんだったら、政府が自分のお金で国民全員に電子マネーカードと電子マネー金庫(読み取り機能付き)を配るくらいしなきゃ。あ、キャッシュレス社会の実現は一応民間企業が自主的にやってる体になってるんでしたっけ? よくわかんないや。まあそんな感じで。

tweet TWEET