スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。

エレコム、60分までさかのぼって録音できるさかのぼりレコーダーを提供
これちょっと便利そうなんだけど、バッテリの持ちとかどうなんだろう。常に音声をエンコードして保存し続けてるようなもんなんだよね? CPUがdeep sleepする機会がなくなるから結構バッテリ食っちゃう気がするんですけど。スマパス版があるらしいので一回試してみようかな。こういうの、省電力な専用チップを搭載しておくってのが一番いいんでしょうけど、そういうのって日本メーカ得意そうだなあ。シャープはえもぱーとか作ってないでそういうの作ればいいのに。
OCNモバイルONE、全コースで通信容量を拡大
最初は一日30MBのつもりで買ったのに、あっという間にほぼ四倍の110MBになっちゃった。ていうかほんと、MVNOの「容量を無理する方向での実質値下げ」に対する品質劣化の見え方って、一般利用者には本当に見えづらいので、競争がしやすいんでしょうねえ。一番最初のころの体感と比べるとたぶん明確に落ちてると思うんですけどね。じわじわじわじわ品質下げていくやり方、上手いというかなんと言うか。誰がこのモデル考案してるのかな? この容量増加競争の先陣を切ってるところってどこだっけ。IIJとかだっけ。

tweet TWEET

SCE、PlayStation Mobileのサービスを終了
あらあら。ソニーのゲーム事業で一発逆転の目があるとしたら古い人気ゲームのリバイバルしかないんじゃないかなーなんて思ってたら、自らその目を潰しちゃった。まあ私なんぞの思いもよらない事業戦略があるんでしょうけど(ほんとに?)。PS Certificateのスマホだったら間違いなく使ってたと思うんですけどね。あとは、例えばBDレコーダとかにこれに対応した機能でも入ってたら昔やってみたいと思ってたけど値段が結構高いから敬遠してた、みたいなのを片っ端からダウンロードして遊んでたと思う。プレステ黄金期ってゲームタイトルが多すぎて遊びつくせなかったって記憶しかないから、これがその受け皿になるんだなーって思ってたんですけど、ねえ。カード集めるだけとか宝石なぞって消すだけとかってゲームが大人気なら昔のプレステのカジュアルゲームとか大人気になってもおかしくないんですけど。ちなみにマイナーなところだと「すらいムしよう!」っていうアホゲーム(?)が好きでした。

tweet TWEET

富士通ら4社、国際標準規格ORIを用いたLTE実証実験に世界初成功
富士通って携帯電話無線装置の隠れた名メーカなんですよね。海外メーカ製のBBU/RRHなんかも実は富士通のOEMだったりODMだったり、あるいはキーデバイスが富士通製だったり。そういうのも積み重ねて世界シェアを見たら結構すごいことになっちゃってるんじゃないかなー、なんて思ってます。まあ、あくまで私の感覚ですけど。そんな富士通の参加した共通規格なので、デファクトになるんじゃないかなー。こういうの広まるとますますキャリア間の差別化とか難しくなってキャリアのマーケッター諸氏には頭が痛い問題なんでしょうけどね(笑)。こういうのが広まってコストどんどん下げられることが一般にもばれつつあるんだから、そろそろ観念してアホみたいに利益積み上げるのやめて値下げ方向に向かえばいいんじゃないかな☆
日本通信がVAIO Phone発表、一括価格は5万1000円で専用プランも用意
やばい。まじでやばい。物欲センサーがピクリともしない。ここまで魅力の無いスマホは初めて見た。平凡なデザイン、平凡なスペック、一切の独自サービスなし、その上端末本体はキャリア製並に高額。誰が買うのこれ?
通信距離400m! 電池を入れるだけで動く25mm角のIoT向け無線タグ
3000円か。にゃんこ逃走防止&逃走時検索システムを試作してみるか。家の二箇所にホストを設置して距離差分で現在位置を推定して家の枠から出たら警報とか。ふむ。理屈上はできそうだけど。時間がないなあ。

tweet TWEET

スマホをその場で充電、携帯型の水素式燃料電池
携帯用燃料電池ってずーっと言われてる割にバズワードの域を出ないんですよね。なぜなのか? 簡単。使い方間違ってるから。充電用外部バッテリーを燃料電池にしても誰も得しないんですよ。携帯電話本体に充電するのにかかる時間は結局同じだから。燃料カートリッジ複数持ち歩くのと外部リチウムイオン電池を何個か予備で持って行くの、ほとんど手間は変わらんわけです。再充電できるリチウムイオン電池のほうがよほど便利。じゃあ何が正しい使い方か。携帯電話本体の電池を燃料電池にすることです。これなら、『一瞬で満チャージ』という燃料電池の本領を発揮できます。バッテリーの残りヤバイ! ってときも、プシュッと一発で満充電。これこそが燃料電池の本当の価値なんですよ。結局、端末本体に実装するっていう技術的ハードルを越えない限り絶対に普及しないし、技術的ハードルを越えた次は、燃料カートリッジがどこでも手に入るっていう流通上のハードルを越えなきゃならない。なにしろ、本体が燃料電池だと、今度は普通の電源から充電ができなくなっちゃいますからね。スプレー缶みたいな燃料を買っておいて、毎朝プシュッと充電、みたいな生活が当たり前になる必要があるんです。・・・非現実的ですね。なので、携帯用燃料電池は、未来永劫普及しないと私は思ってます。
IIJmio、4月1日より高速通信用のデータ容量を増量
実質の価格競争になってきたなあ、本格的に。MVNOっていくらでもばれないように品質落とせるからねえ。ちょっと前に見たネットワークのプロによる調査で、あからさまにMVNO間で品質(パケロス率)が違う、っていうのがありましたね。MNOとの接続点でのシェーピングが効くとあふれた分は遅延→ロストになるから、品質を落としてるMVNOはパケロスが増えてきて丸分かり、ってやつ。いくつかMVNO SIMを契約してパケロス率の定点観測とかやってみたいんですけどね。月間定量じゃなくて日次定量タイプがそろうとやりやすいんですけど、みんな作ってくれないかなあ。月額ワンコイン程度で(無茶言うな)。
BLEを活用した携帯電話エリア外でも情報伝達ができる新たな技術を開発
絵空事に近いメッシュネットワークよりも、かなり地に足が着いた技術ですね。これは面白いと思います。SNSのアプリにもこれと似たような機能を実装してみるといいかも。ただ、最近のSNS(利用者)は妙にリアルタイム性を気にするみたいなので(既読スルーにブチギレとか、ね;苦笑)、そういう人には使いこなせないだろうなあ。フィーチャーフォンにこそこういう機能を入れてほしい。大震災で閉じ込められたとかの場合も、電池の持ちのいいフィーチャーフォンでこういう機能で周囲に人が通りかかるのをサーチし続けていれば、助かる可能性があがりそうな気がするのです。とりあえず、この機能、他キャリアにも開放しましょうよ、ドコモさん。

tweet TWEET

スマホの持ち方で指が変形! ドコモがテキストサム損傷に注意喚起
だからスマホはそもそも人間の手の構造を考えて作られてないんだからしょうがないじゃん。本来の人間の把持動作は親指と他指を正面対向させるものなんだから、その動作を完全に否定したスマホを使ってりゃそりゃ指もおかしくなるって。「かまぼこ板の半分は触っちゃいけない」っていう不自由な仕組みである以上防ぎようが無いですよ。だから私はフィーチャーフォンにこだわってるんですけどね。ボタン面と背面で手でつまんでも誤って押し込まれないボタンの反力があるから、人間の本来の把持動作で端末を支えられる、当然手の負担も少ない。今の「触れるだけで操作扱いになるタッチパネルを片面全面に配したスマホ」は手に持って使うものとしては欠陥デザインなんですよ。といくら言っても、作る側も使う側も「歴史的なヒットを記録した初代iPhone型が正解」と思い込んでいる以上は絶対に変わらないんでしょうけど。宇宙の他の星で人間と似た知的生物が同じような文明を築いていたらそこのスマホ的な端末はぜんぜん違う形になってると思うんだけどなあ。一度刷り込まれたマインドって、怖いよね。

tweet TWEET

スマホ同士でのワイヤレス給電を可能にするWireless PowerShareを発表
きた!この前の充電問題の解決に向けて一歩進むと思われる新デバイス。スマホから他のワイヤレス充電機器への電力シェア。ここからもう一歩進んで、ワイヤレス充電しながらワイヤレス給電できるようになったら完璧ですね。充電パッドの上にスタックして置いておくだけで全端末が充電できるようになるわけです。実用化はーやーくー。
国内の通信事業者として初めて、基地局が利用する電力のダブルパワー制御に成功 -基地局の運用に必要な電力の95%以上を環境負荷が少ない電力で賄えるグリーン基地局を開発-
あれ? 私の記憶が確かなら、これってKDDIがトライブリッド基地局とかってやってたよね。と思って検索してみたら、2013年にやってるよ。ソーラーと深夜電力で蓄電池を充電しておいて日が昇る前に使うとかってところもまったく同じ。大丈夫? 国内初とか書いちゃって。「ダブルパワー」って言う商標(?)が初ってこと?

tweet TWEET
2015/3/4 10:00 · ひとりごと · (No comments)

バッテリーとの戦いを今後も力強く推し進めて行く決意を新たにする無線にゃんですこんにちは。

バッテリーってめんどくさいですよね。いや、バッテリー自体はとても便利なものです。これがないと世の中の技術のほとんどが実現できてませんからね。無線通信においてはほぼ必須と言えます。

だからこそ、バッテリーはめんどくさい。充電しないと切れちゃうのがめんどくさい。こればかりはどうにもならないので文句を言ってもしょうがないんですけど、それでも、昨今のいろんな事情がこれにかみ合ってくると、めんどくささが一気に加速する未来が見えてきます。

ちょっと前は、携帯電話なんて一人一台、二~三日はバッテリーが持つのが当たり前でした。それが、最近では、スマートフォンを持っていれば大体毎日充電する羽目になるし、格安MVNOとか何とかが出てくると、携帯電話と格安スマートフォンの二台持ちになりました、って人も増えてきているんじゃないでしょうか。メイン回線がスマホだったりすると悲惨ですね。毎日、家に帰ったら二台充電をしなきゃならない。

さらにさらに。今度は、IoTだとかウェアラブルだとか言い始めてますよね。車やエアコンに通信機能がくっつく分にはぜんぜん問題ない。問題は、人が持ち歩くモノにまで通信機能が載り始めたら、ですよ。

まず今のところは、腕時計型ウェアラブルが流行の兆しですね。でも、あれって、バッテリ容量見れば分かるんですが、たぶん一日しか持たない。がんばっても二日とか?バッテリの残りを気にして腕時計を使うくらいなら毎日充電で安定です。今現在、ケータイとスマホを二台持っているとしたら、これで毎日充電器に載せる端末が三台に増えますよ。はっきり言って、この手間は大きい。

正直なところ言います。私、メインケータイ、サブのスマホ、サブのPHSと、三台が常時携帯の対象なんです。ケータイは三日、PHSは五日、スマホは一日、ってのが、充電サイクルなんですが、いつ充電したかなんていちいち覚えてらんないし、だったら全部毎日充電しちゃえばいいんですけど、その手間が本当に面倒で。充電コネクタ挿すだけってのは言われなくても分かってますけど、一日終わって家について一息、って時に三台の世話をするってのが億劫で億劫で。結果として、実は、PHSは充電コネクタ挿して家に置きっぱなしです。だから私の経験上、「毎日充電」対象が二台を超えると人間サボり始めるかどれかの携帯をあきらめる、ってことになると思うんですね。

まして、今って、移動体キャリアが、一台でもたくさん持たせようと必死じゃん?スマホにタブレットくっつけると安くしますよ、とかって。いいんだけどさ、かばんに入れてあるタブレット、絶対充電忘れるんですよね。うん、私だけじゃないと信じたい。

今後、タブレットやウェアラブルばかりじゃなくて、もっといつも持ち歩くもの、それこそ、ペンとか靴とかまで情報化しちゃったら、その充電の手間がとんでもないことになるわけですよ。だから、SFでよくあるような何でもかんでも情報化されちゃった世界って、実現しないよね、ってことで。

もちろん、今のままでは、って注釈付き。要するに、もっと簡単に充電できる仕組みがほしいんですよね。Qiなんてのはまだ出来損ない。どっかに書いた気もしますが、たとえば、家の床すべてが非接触充電対応とか。被充電端末を感知して対象の端末に入力。かばんに入れたままのタブレットやノートPCにも充電できるし、なんなら、ペンや靴だってかばんに入れっぱなしでも玄関に脱ぎ捨てても充電できる、みたいな。そこまでじゃなくても、充電パッドの上に対応端末を複数台スタックして置いてあっても全台均等に充電できる非接触充電方式ができるだけでだいぶ違いますよ。

そんなわけで、IoTとかウェアラブルとか言葉遊びを流行らせる前に、まずは無線通信の不便性トップランカーであり方式を問わず普遍的な課題である「バッテリ・充電問題」に優先的に取り組んでほしいなあなんて思うのでした。でわ。

tweet TWEET
2015/3/4 10:00 · ひとりごと · (No comments)

【MWC 2015 Vol.42】Windows Phoneと太陽光充電ができるSolar Phoneのデモ機……京セラ
字面のニュースだけは見ていて、さて、「可能な限りバックライト光を前面に減衰なく出さなきゃならない表示パネル」と「可能な限り太陽光を吸収して光を通さないようにしなきゃならないソーラーシステム」がどんな風に折り合いをつけてるのかな?と思ったんですが、その辺の説明がぞんざいな辺り、特に折り合いはつけてないみたいですね(笑)。透過式表示パネルじゃなくて自発光式のパネルでメッシュが入ってるとかってのが落としどころですかね。電子ペーパーみたいな反射式表示パネルで白以外の部分は光を吸収して発電します、なんてのが最高にクールだと思うんですけど。誰か開発してみませんか。

tweet TWEET

オススメの記事