スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。

ドコモがビッグデータで基地局監視へ、予兆捉え故障前に修理
これはすばらしい取り組み。通信に限らずあらゆる装置は自分が故障したかどうかを監視しているし、別の監視ノードからの監視を行っているわけですが、最大の問題は「検知できない故障」なんですよね。ソフトバンクなんかは一時期これがすごいことになってて、台風とかでドコモもauも何十局停止とか発表してるのにソフトバンクだけは障害ありません、とか発表してて、でも実際には現地では何時間も止まってた、なんて事がありました。日本はとりわけ自然環境が厳しい上に異常な人口分布を持っているのでトラフィックの偏りも顕著で、天候や処理能力の偏りとかに起因するような障害をグローバル向け製品ではうまく検知できなかったりするみたいです。と言って、いまや時代はグローバル。ドコモでさえ、自社開発は最小限にしてグローバルの一般品の調達を始めているようですから、こうした故障をさらに上のノードで能動的に検出する仕組みが必要になった、と言うことでしょうね。ドコモの「止まらないネットワーク」にかける情熱が伝わってくる取り組みです。

tweet TWEET

軽量版LINELINE Lite“全世界”に配信も、日本は対象外の理由とは
「狩場」ではLiteは提供しません、って事でしょうね。今ちびちびと金払ってくれてたり、金払うサービスに仲間ユーザを誘ってくれているようなケースをみすみす潰すことになりますからね、Liteが普及しちゃうと。メッセージ以外使ってないなんて人多いですもん。軽量でデータ消費も少ない(格安SIMで使いやすい)Lite版が出たら、相当な割合がLiteに流出しちゃって、多くの有料LINEサービス(LINEなんちゃらってやつね)の入り口が閉じちゃうわけで。と考えれば、「今回LINE Liteが配信されなかった国々」ってのは、LINEの課金狩場ですとLINE側が宣言しているようなものです(笑)。

tweet TWEET

Googleが通信キャリア事業をスタート、LTEとWiFiを統合し生活空間が一つの通信網となる
セルラーとWiFiをシームレスに使う、っていうアイデアは古く、実のところ、標準技術はいくつもあります。なぜそれが普及しないのか? というと、簡単な話、端末の実装がめんどくさいから。超大手チップベンダは軒並み及び腰だし、といってチップの力に頼らず通信スタックを自分で実装できるほどの端末メーカなんてないし、ってことで、まず端末が作られる見込みがほぼゼロだったんですね。ということは、そのための連携ノードを作るネットワークベンダも出てこないわけで、当然、キャリアも存在しないノードをネットワークに置くことはできません。結局、Googleのような資本的巨人が端末もノードも全部面倒見ます、というような動きをしないと、実現できない技術だったわけで。ただ、Googleがこうやってやり始めたことをきっかけに、Google需要を当て込んだ端末やノードの開発が始まり、それを世界各地のキャリアが試験的に導入し始めて普及が始まる・・・そういう流れは起こるかもしれません。それこそ、日本だとアホみたいにWiFi APを抱えているソフトバンクあたりが狙うんじゃないかと思うわけです。WiFi APは投資も運用もセルラーの十分の一以下のコストで済みますからね、WiFiでセルラー需要をカバーできればセルラー投資を一気に削ることができます。まあ、「独占周波数を持ったキャリア」が「みんなの共有帯域」で「事業」をやることには相当アレルギー反応があると思いますけど。

tweet TWEET

増収増益のドコモと純減40万件超のソフトバンク好調・不振の理由は?:佐野正弘の“日本的”ケータイ論
なんつーかねえ、過去の「純増No.1」の広告のベースになっていた契約数が「主要端末じゃない端末による下駄はかせでした」ってようやく白状した感じですねえ、ソフトバンク。各社足並みをそろえて毎月公表するのをやめて、ようやく下駄はかせのためだけにタダで配りまくったSIMの解約整理を始めた、という感じでしょうか。じゃああのときの宣伝広告は嘘の数字に基づく表記だったのか!なんていう野暮な突っ込みは入れない。だってみんな知ってたんですもん(笑)。そういう体質がとっくに見透かされているというところが、主要端末に絞り込んでも他社の十分の一以下という純増数にとどまっている理由でしょうね。利益体質を維持するために今後はインフラもクソ安い中華製に置き換えていくなんて話も聞こえていますし、ユーザが減って速度は出るようになっても、気がつくと二、三日電波が止まってるんですけど、なんていう怪しげな品質になっちゃったりして(笑)。まあもともとソフトバンクの商売は新領域で突風的に利益を上げて次の成長領域に突っ込む、っていうやり方なので、ユーザが減ろうが不満だろうがいコストを落として利益を確保できる限りは限界まで上澄みを掬い取って新事業に投げ込むってのを続けるんでしょうね。

tweet TWEET
2015/7/30 23:59 · ニュースコメント · 1 comment

IIJmioとNifMoが好調――格安SIM10サービスの実効速度を比較
毎回面白いデータだとは思うんですが、繁華街や駅周辺などの混雑地域でやると無線区間の影響が大きくて正しいデータが出にくいと思うんですよね。ドコモとauを比べるならそういう地域でやるのは意味があるんですが、MVNOで比べるとすると、むしろ、そのエリアの分単位の人の移動に左右される(たとえば電車が通過するとか交差点に人がたまってアクセスが増えるとかのレベルで)影響のほうが大きくなるので、ボトルネックがもっと上位にあるMVNO同士を比べるなら、なるべくほかに誰もいないような場所に行って調べるのが一番いいと思うんです。ITmedia編集部で測定するのが実は一番正しい結果に近いのかも。どこにあるどんなビルなのかは知らないですけど、屋内カバー局の置かれたオフィスビルってのは無線区間の影響が小さいような気がするのです。
ワイモバイル、旧プランを大幅整理
だめだ、このプランの数、笑わせに来てるとしか思えない(笑)。イーモバほんとうにひどかったよねえ(笑)。ついでに何が生き残ってるのかのリストも出して欲しい。まだ倍くらいあるんじゃね?(笑)
【ハウツー】MMSに気をつけろってどういうこと? – いまさら聞けないAndroidのなぜ
この情報一人歩きしがちですが、まず、ドコモとauはAndroid向けにMMSを提供していないので「電話番号アタック」は効かない、という情報が抜けているので補足。ソフトバンク・ワイモバイルはMMSをサービスしているので効いてしまうっぽいです。ただそれを抜きにしても、MMAアタックを受けて「ノータッチで脆弱性を突かれる」恐れがある場合というのは相当に限られているので、この攻撃が一般化することはまずないと思います。攻撃する側のコストメリットが低すぎるんだよね。まあそれでも、間抜けなユーザを狙ったボット化攻撃とかは、MMS経由ではなくてWEB埋め込みコンテンツ経由とかで広がると思いますけど。少なくとも日本でドコモかauを使ってるなら、怪しいサイトに気をつける、メール中の変なURLはクリックしない、とかいう従来どおりの意識でいいんじゃないかなぁ。ソフトバンクのAndroid?そんな人いるの?(笑)

tweet TWEET
2015/7/30 23:59 · ニュースコメント · 1 comment

イッツコム、スマホで遠隔からドアの解錠が可能なスマートロックを提供
前から思ってるんだけど、この手の遠隔ロック関連の商品、オンラインで開錠できちゃダメだろ。いや、開錠の手間を省きます、ってのが売りなのかもしれないですけど、万一パスワードを漏らしちゃったりしたとき根こそぎでしょ、と。「あ、鍵かけてくるの忘れたかも!」ってときに遠隔で施錠は出来るけど開錠は従来どおり物理キーのみ、って商品が必要なんだよね。あと家電連携とかもいらないよね。「家に着く前にあらかじめ開錠してエアコンつけておけば冷え冷え」じゃねーよ(笑)。家に着く前に開錠しちゃダメ!(笑)。連携する必要ないんですよ。なまじそんな機能があるがためにセキュリティが緩んじゃうくらいならないほうがいいんですって。スマート家電はスマート家電でいいんですって。ていうかほんと、自宅のメインの錠にネットにつながる機械くっつけるとか怖すぎですわ。まあそれを言ったらネットバンキングも十分怖いことしてるんですけどね。

tweet TWEET

5Gの2020年実用化はギリギリ、見切り発車も
というか、2020年に間に合わないことは確定してるんですけどね。3GPPでは、Release-15で5Gの最初の実験的な仕様が決まることになってます。機能レベルで確定するのが、早くて2018年、実装レベルの確定はおそらく2019年。さらに実用的な仕様はRelease-16で、さらに一年半後になります。Release-15の確定前に実装を始めるとしても2019年にようやく実験装置、実用レベルの装置となると2021年~2022年が最速ライン、と誰もが想定しています。そもそも2020年に間に合わせるつもりは誰もないんです。日本、韓国が急いでいるのはやっぱりオリンピックがあるからなんですけど、まあそもそもミートしないラインなので、おそらくは、ドコモあたりが非標準の「5Gデモ」みたいなものを競技場とかで限定的にやるくらいじゃないかなあ。それか、ドコモが持ってる全帯域を強引に束ねてGbpsクラスのLTEサービスを始めて「5Gでーす」と言い張るとか(笑)。韓国でもWiFiを無理やり束ねてGbpsクラスLTE、なんつってオリンピックに向けてアピールしてるみたいですね。5Gっていまいち技術的に魅力がないんだよなあ、調べれば調べるほど。

tweet TWEET

ネットに氾濫するトンデモなウソにどう対処するか
いい記事だなあと思って読んでたら著者が松浦さんだった。そりゃ良い記事書くわ。昔からこの人の記事や本って好き。科学技術的にニュートラルな視点と広い知識を併せ持っている科学ライターって、案外少ないんだよね。このシリーズ必読ですよ。私も松浦さんみたいなライターになりたい(え?)。私はだいぶ視点が偏ってるので無理だろうなあ(笑)。

tweet TWEET