スマートフォン 表示
メールフォームでよろづ質問受付中
スマートフォン速度統計への人柱ご協力をお願いします。
2014/7/4 10:00 · ひとりごと · 1 comment

どうしましょう、という話。

今の私の状況は、
・ドコモ プランSS
・au LTEプラン
・ウィルコム 定額プランS
という感じ。ウィルコムの誰定はとりあえず外し済み。使わないので。

ドコモをカケホーダイに変えるのが一番良さそうです。一応それに備えて情報収集もしました。カケホーダイでも、くりこし&分け合いが適用されるとのことで、無料通話以外の通話料とパケット代が、くりこしアウトの分け合い分で充当できるそうです。

なので、家族の回線を旧プランのままにし、自分の回線をカケホーダイに。電話は基本的に自分の電話から。という役割分担で、家族外メールで多少かかるパケット料金を分け合いで吸収しながらほぼ毎月定額支払いを維持できそうです。

auのをカケホに変える案。なんだかだで私のauスマホはwifi接続での利用が非常に多く、月のデータ量は1GBにも届かないくらいです。となると、一番データの少ないプランで済み、その合計額が5566円。現在のLTEプラン+フラットの合計が5524円。ほぼ差額なしで通話定額になります。ドコモを変える案だとどうしても持ち出しが増えるところが、持ち出し増なしというところが魅力的、なんですが、電話番号が普段使わない番号なんて、それはそれで面倒なんですよね。相手に通知される番号が今までと違ってきちゃうので。

ウィルコムにスーパー誰定をつける案。ドコモ案より持ち出しが多く、利点はパケット定額も含まれるという点だけですが、パケットはauスマホで余してるんですよねえ。災害時とかにはPHSパケットは活躍するでしょうけど、そのときはそのときでスーパー誰定つけて無くても2800円でキャップのかかる準定額なので、普段から準備しておく必要性はなし。

ってことで、ドコモ案かau案かで迷っています。

ウルトラCでドコモをスマホに変えてau解約ってのも考えないでもないんですけど、やっぱりメイン電話がスマホってのは耐えられそうに無いですね。スマートバリュー割引のことも考えると、この案での総支払額はほとんど変わらないし。だったら電話とスマホは分かれているほうが何かと便利。

いろいろ考え中ですが、FOMAは当面は旧プランに戻せるので、ドコモを一旦変えてみて様子を見るのかなあ、という感じです。

面白い案があったらコメントにてお知らせください。

tweet TWEET

2014/7/4 10:00 · ひとりごと · 1 comment

どうしてスマホにハードウェアキーが無くなっていっちゃったんでしょうね、と言うお便りをいくつかいただいています。本当にどうしてでしょうね。

片方の都合はよく分かるんです。作る側の都合。可動部って一番コストがかかるから作りたくないんです。何度でも書きますが、全面タッチパネルのカマボコ板が一番低コストで誰にでも作れるんです。ボタンだのヒンジだのをつけるとそれだけでどんどん設計難度が上がっていきます。

技術の蓄積が無くても、お試しレベルで作れちゃうのがカマボコ板。凝ったデザインになればもちろん複雑な組み立てラインが必要でそれなりの会社にしか作れないでしょうが、それでも、内部設計は簡単。出来合いの配置図どおりにチップとアンテナを配置するだけで作れちゃうレベル。一方物理ボタンがここに増えていくと、つまり、電気的な接点が余計に増えていくわけです。電気的な接点は無線設計上は厄介な邪魔者。ちゃんと技術があればそれでも性能の出るものを作れますが、それでは、新興国の安物にコスト競争でとてもかなわない、と言うことなんでしょうね。

作る側としては、一台作るごとにコストの発生するハードウェアに余計な仕掛けを入れるよりは、売れば売るほどコストを回収できるソフトウェアに力を入れたほうがいい、と判断するのは、自然なことだと思います。通信環境が整っているので、実際のコーディングは地球の裏でやっても良い訳ですし、であれば、一番人件費の安い国をいつだって好きなように選べる、と言うのも、ソフト重視の流れを強く後押ししています。

もう片方の都合。使う側の都合なのですが、こちらがよく分からない。確かに、タッチパネルがひとつあればあらゆる操作ができちゃうので、物理ボタンは必須ではない、ってことはよく分かるんです。ただ、思いのほかそれを不便と思う人が少ないんですよね。

むしろ、全部タッチパネルのほうがかっこいい的な流れじゃないですか、今。よろしくないですね(個人的に)。どうしてタッチ操作しかなくてまともに使えるのかが、まったくもってわからんのです。正直、タッチ操作情報端末の黎明期(palmとかzaurusとか)からタッチ機器をそれなりに使いこなしてきたと自負する私でも、タッチ操作はメインの操作方法にはなりえない、としか言えないのです。

まず、スマホを持ったとき、片面の9割以上が「触ると反応する操作部であり操作しないときは触っちゃダメエリア」ってのが苦痛。せめてタッチ部と把持部を分けてくれればいいんだけど、全面ですからね。あと、触って操作する前に操作しようとしている対象が間違っていないかどうかを確認できないってのも苦痛。タッチして操作が入力された後でタッチ位置がずれてたと初めて分かるインターフェース。物理キーなら今指がどのキーの上にあるかを操作する前に確認できる。もちろん確認しなくたって操作ができる。完全にマニピュレータとしてデグレ。

だと思うんだけど、いまいちこれを理解してくれる人がいないんですよね。なんで?タッチ操作なら全部できるし好きなところ押せるから便利だしフリックとかなんとかの新しい操作もできるじゃん。と言う感じで。もちろんその通りだから、タッチパネルをやめろなんていうつもりは無くて、タッチパネルを物理キーの置き換えにしちゃうのをやめろ、って話なんですけどね。理想の端末インターフェースの組み合わせは、Advanced W-ZERO3[es]。懐かしい。把持すべき場所はハードキー主体で誤操作なし、画面はタッチ操作可能。さらにQWERTYキーまで隠し持って。あれはWMだったのでタッチ操作が貧弱でしたが、あの形でAndroid作れたらかなりいいものになると思うんですけどねぇ。きっと売れないんでしょうねぇ(苦笑)。

質問への回答じゃなくて愚痴になっちゃいましたが、いろんな事情があるんでしょうね、と言うお話。ほんとに愚痴だなこれ。

tweet TWEET

2013/3/25 10:00 · ひとりごと · (No comments)

なかなか悪くないっす。初代の不満点も改善してるし。

ってことで、詳しくはこっちの記事で。久々にあっちの記事書いたなぁ。

tweet TWEET
2013/3/25 10:00 · ひとりごと · (No comments)

相手に何か話しかけるとき、なんとなく「 あ、」ってつけちゃいませんか。あ、今日はしょーもない話です。

たとえばコンビニのレジで。読み取りが終わって店員が袋詰めをしていて、で、支払いという段になったとき、店員が袋詰めの手を休めるのを見計らって「nanacoで」と言いたいとき、ついつい「あ、nanacoで」って言っちゃいませんか。私は言っちゃいますが。

この「あ、」、無線通信でいうところの「ランダムアクセス」に近い役割を果たしてるんですよね。あるいは、衝突型通信におけるフロー制御的な。

相手が聞ける状態にあるかどうかわからない、そもそも自分が話していいターンなのかわからない、その時に、瞬間的に「あ、」と言って相手の反応を確かめる、あるいは、その「あ、」が相手の言葉と衝突しないかどうかを確かめる、そういう役割があると思うのです。

「あ、」と言って相手の反応を見る、その時、その「あ、」に反応して相手が聞く体制になるかどうかを確かめる、また、言われた方も、「あ、」という言葉を聞いて、あ、この人は今から何かしゃべるんだな、と判断して聞くモードになる、っていう暗黙のプロトコルが成立しているように思うんですね。

「音波」という無線通信を行う場合に、やっぱりこの「あ、」は、ランダムアクセス、あるいは、フロー制御(RTS/CTS)として非常に重要な役割を果たしているんですよ。

一方、1対1で会話が成立していてほぼ連続的に会話が続いている状態ってのは、トラフィックチャネルが1対1で成立している状態なわけで、いちいち「あ、」を挟む必要はありません。必要なのは、あくまでしばらく会話が途切れたり、会話がなかった相手に話しかけるとき。無線ドーマント状態からの復帰でもランダムアクセスによりチャネル割り当てが必要なのと同じですね。

このエントリの一番最初の行にも「あ、」を使いました。これは、相手に対して何らかの問いかけをして相手の反応を待っている状態、という前提に対して、ちょっと待って、もう少ししゃべるのでしゃべらないで聞いて、の意味であり、この「あ、」によって、もう少しだけしゃべる時間のリソース割り当てを確保するための手順だったのです。

「あ、」(connection request)→「(目線、しぐさ)」(connection accept/assignment)→「(本文)」というプロトコルが成立しているんです。この手順の開始のきっかけが「あ、」なわけで、この「あ、」を省略して相手に話しかけるというのは、リソース制御型通信や衝突回避の仕組みを備えない衝突型ネットワークと同じで、古い世代のやり方に過ぎないわけです。

といって、ついつい「あ、」と言っちゃうことを正当化してみる今日のお話。

tweet TWEET
2013/1/24 10:36 · ひとりごと · (No comments)

全然関係ないですが、先日、「ソーラー電波のシンプルなやつを愛用」と書いたら、具体的にどの時計ですか、っていう質問が来たので、ご紹介。

モノとしては、CITIZENのEXCEEDなんですが、同等の後継品が無くて、一番見た目が近いというと、コチラの機種になります。こいつは厚みが8mm超えですが、私が使ってるのは厚みが7mmのモデル。厚みで1mmの差はでかいです。なんで革ベルトタイプでケースが薄い後継品出さないんだろ。現行機種で薄いのは全部金属ベルトでギラギラしててダサいんですよね。

そんな感じ。

tweet TWEET
2013/1/24 10:36 · ひとりごと · (No comments)

ということで、今日はKDDI LTE800MHzのレビューです。マップみるとエリア広いなーと言うのは前に書いた通りなんですが、実際にド田舎に行くとどんな感じか、ってことで。

まぁぶっちゃけ実家の方に行ってきたんですけどね。マップ見て実家が圏内なのはわかってるんですが、その他、ほどほどにド田舎を圏内一円くらいのスケールでうろうろしまくった結果どんな感じだったか、ってのを体感レビューしておこうというお話です。

そもそもソフトバンクは3Gさえも届いていないような場所をうろついたのとソフトバンクの端末持ってないってのもあるので、あくまで比較対象はドコモってことになりますが、そんな感じで。

まず、県の真ん中辺の山間部周囲1kmに4世帯という実家。エリア内になっているのはわかっていましたが、マップ自体が相当盛ってるんじゃないの?と言う疑いも無きにしもあらずなので、実際に見てみると、ほどほど。アンテナ表示は2本/最大4本と言う感じ。とりあえずLTEから落っこちるってことは実家内では起こっていません。

で、速度計測してみたところ、30Mbps出ました。都会の自宅よりはるかに速いってなんだよ。ちなみに、その実家には何度もゴネまくって引いたADSL(YBBの一番高いやつ)しか入ってなくて、最大1Mbps。ドコモはHSDPAで最大1.5Mbps、と言う土地なので、30Mbpsは全く異次元の速度。7GB制限さえなければ実家の回線本当にLTEにしちゃったほうがよさそうなんですけど、これ。

市街地から自宅まで、車で約40分ほどですが、その間もLTEが途切れる場所は一か所もありません。ドコモLTEは最初の20分でアウトです。マップ上はもう少し伸びているんですが、実際には届いていません。ひどい。あと、実家は前よりもドコモの入りが悪くなってレピータ入ってます。レピータの室内アンテナのある部屋以外ではドコモは使えなくなっています。これまたひどい。基地局の位置変えたりしたのかなぁ。局位置変えなきゃならないほどの災害とか反対運動とかない土地なんだけど。

実家からさらに奥地に向かって車で40分ほど行くとちょっとした観光地があるんですが、そこに行く道すがらだと、KDDI LTE800MHzは大体6割ほどがエリア、残りは3Gエリア。もちろん観光地もLTE圏内、計測してみると20Mbps弱。ドコモはもちろん全域LTE圏外。いやここに向かう道路沿い、前回の帰省ではKDDIは3Gさえも満足に入らなかったんですよ。それが全域エリア化どころか6割はLTE化していたことに驚愕しました。

市街を挟んで実家とは反対方向に高速道路で30分ほど行ったところの観光地(?)にも行ったのですが、こちらは道中・現地含めて完全にLTE圏内で、現地での計測ではまたもや30Mbps超えを見せてくれました。こちらに関しては、ドコモLTEも9割ほど圏内でしたが、現地は圏外だったので速度比較不可能。

あと、市街のど真ん中にあるショッピングモール、ここで計測してみると、20Mbps弱。一方ドコモLTEは30Mbpsを記録。どうやらショッピングモール内にドコモ屋内局があるようで、KDDIの方は屋外からの吹き込みのみっぽいです。少し前まではここでも品質が悪かった、とは実家住みの家族の証言なので、ドコモ、面的エリアの拡大は遅れてるけど、こういった屋内などの実利用での品質重視の対策を今は積み重ねている段階みたいですね。で、1.5GHzが全国解禁されるのを待って全周波数を郊外含めて一斉に整備していく、と言う感じなんじゃないかなぁ。何度にも分けて整備するのは無駄なコストですしね。

ただまぁ、今回の実家帰省でわかったんですが、やっぱりKDDIのLTE最強すぎ。次のiPhoneはKDDIのLTE800にも対応するという噂もあるし、VoLTEの開始も近いという噂もあるし、完全にCDMA2000を捨ててLTEを基盤インフラにする準備を整えつつある感じです。

あと、ドコモのLTEをずっと使っている実家の家族の証言で「とにかく電池の減りが速すぎる」と言う話があったんですが、KDDIのLTEの方はLTEと3Gがバタつくようなところを通過しても特に電池の減りが速いような印象はありませんでした。お買いもので市街まで出て戻って(その間特に触らず)だと、100%→98%くらい。で、電池の減りが速すぎるというドコモの方は、と言うと、実家と市街の往復だけでほぼ空っぽ、出かけるときは事前にフル充電が必要、と言うひどい有様。まぁ、端末が一年経過モノのARROWSってこともあるんですけど、なんか絶対パラメータ間違えてるよ、ドコモ。

そんなわけで、KDDI LTEのド田舎本気レビューでした。

tweet TWEET
2012/12/27 10:00 · ひとりごと · 2 comments

DIGNO Sのレビューをした時にいただいたコメントで、「auだとスマートなんちゃらとかの縛りが多くて大変じゃないですか」と言うようなご質問をいただいていました。と言うことで今日はauのスマートなんちゃらユーザレビュー的なお話。

スマートなんちゃらというか、スマートパスですね。でこれの派生品として、うたパス、ビデオパス、ブックパスなんてのがあって、これらに関係あるアプリがプリインストールされてます、っていう感じです。

先にいらないものの話からしておくと、うたパス、これは全くダメでした。いらないっす。始まってすぐのころに無料期間があったので使ってみたのですが、ラジオのように知らない曲を垂れ流してるだけなんですよね。人の数だけ選択肢があるんですが、そもそも探しようがないんですよ。好きなアーティストとかを。っていうか、そもそも音楽聞く習慣があまりないので興味なしって感じでした。

ビデオパスについても、ちょっと見放題できるタイトルが少なすぎて、ねぇ、って感じ。もちろんまともにレンタルとかしたら、って考えると元は取れるんでしょうけど、ピンポイントでこれが見たい、ってのを探してみると無料対象外だったりってことが多い感じです。要するに人気タイトルは外し気味ってことです。お試し2か月無料で自分に合わなければ退場って感じですね。まぁ、動画は動画で気軽に空き時間に見る、ってしにくいメディアじゃないですか。連続した流れる時間を必要とするっていう意味で。あまりスマホみたいに空き時間にちょっと使う、っていうデバイスとは相性がよろしくない気がします。

で、メインのスマートパスに話が返ってくるんですが、正直、もうスマートパスなしって状態が想像できないくらい、どっぷりと依存しています。不正アプリの危険性を考えたら、逆にgoogle playでまともにダウンロードして使う方が気味が悪いと感じるくらい。少なくとも事業者がきちんと検査・認証したアプリしか置いてないっていう安心感だけで十分、それに加えて、有料版相当 or 有料版以上のいろんな機能まで使えるアプリがいっぱいあるわけですよ。390円なんて超安い。

知人とどんなアプリ使ってるー、なんてスマホを見せ合った時に、スマートパス版にしかない機能とか結構あるんですね。私が使ってるアプリ見て、その機能便利じゃん、ってなって、スマパスで落としたけどたぶんgoogle playにもあるでしょ、ってことで探したら案の定見つかるんですが、件の「便利な機能」がない、ってことがあったりして。しかもgoogle playに公開されてる同アプリの有料版にもその機能が無い。それだけで「auに乗り換えたくなった」とのこと。ってくらい、いろいろ優遇されてる雰囲気。

あとは、スマートパスのおまけでついてる、auクラウドとlismo wave。撮った写真を自動でアップロードしておいてくれる機能は案外便利だし、lismo waveは、ぶっちゃけこれがあればうたパスいらないよね、って話なんですよね。何となく知らない音楽聞きたいなら適当なFM局にチャンネル合わせればなんかしら音楽流れてますから。それと、スマートパスで提供されてるアプリって、特に会員登録が必要な系統の奴、会員登録しなくてもau IDで自動ログインしてくれるんで、そういうところも超便利。端末買い替えてもデータ移行が一発で済むし。

こういう話をすると、たいていは、「でも390円払わなくても無料アプリの組み合わせで全部できるよね」って反応が返ってくるんですけど、正直、そうやって何万本と言う無料アプリの海を泳ぐのがめんどくさい歳になっちゃって(苦笑)。しかも不正アプリのリスクなんて気にするのも面倒だし。安全で限られた選択肢に十分な機能と暇つぶしが詰まっているものが完全定額で提供されている、っていうだけでパッケージ料金を払う価値はあると私は感じています。

最後にブックパス。こっちはまだお試し期間中なんですが、最初ちらっと読み放題ラインナップを見た感じでは「えー、こんなに少ないのかよ、詐欺じゃん」くらいに思ったのですが、実際に使い始めてみると、悪くないです。マンガはさすがに少ない(と言うか1巻だけパターンが多い)ですが、それ以外の実用書とか小説とかそういう1冊読み切りの本は結構多彩で、興味あるものを適当にダウンロードしただけで当面読み切れないほどの本が「積ん読」状態になっています。ほぼ毎日通勤中とかに読んでるけど消化しきれないかも。これでラインナップが順次拡充していくってんなら、月額料払っても惜しくないかも。逆に、ラインナップがこのまま固定なら、今興味がある本をまとめ読みしちゃって退会、って感じですね。

と言うことで、まぁなんにしても、スマートパスに関しては、私は全然縛りとも思わないし、スマートパスにアクセスするためのいろんなアイコンがデフォで用意されてるのは便利とは思っても邪魔と思ったことは無いんですよね。スマートパスなんて詐欺だと思う人にはあまり参考にならなくてすみません。ってことで、スマートなんちゃらのレビューでした。

tweet TWEET
2012/12/27 10:00 · ひとりごと · 2 comments
2012/12/17 10:00 · ひとりごと · 1 comment

そろそろ一カ月なので、DIGNOの再レビューをしてみたいところです。

まずやっぱり電池もち。相変わらず、一日一回の充電だけで、半分以上余らせているという状態が続いています。昼間は結構テザリングで使ってたりもするんですけど、全然余裕。職場用にと思ってキャンペーンで充電器+充電ホルダーもう一個もらったんですが、全然活躍していません。容量が大きいのもさることながら、根本的な消費量がARROWSとは桁違いに少ないように感じます。

もちろんARROWSは3G+WiMAXのデュアル状態だったのでその差は大きいですが、一方で、スマホの(触ってないときの)バッテリ消費の大半はアプリの自動同期とかの通信での無線電力なわけで、その点でWiMAXは圧倒的に省電力だったんですよ。実際、WiMAXをONしておいた方(3G+WiMAX)が3Gオンリーのときよりもバッテリの持ちは良かったんですよ。それよりも明らかにいいんですよ、DIGNOは。

LTEで待ち受けが最適化された、っていう話もありますが、それよりも、端末自体のつくりが良いような気がします。ハード的と言うよりも、ソフト的に。ARROWSはどうもバックグラウンドで意味不明なアプリが大量に動いていて、機能OFFでも何かしてる感じだったんですが、DIGNOはその辺がかなりきれいです。そういうのがいないので勝手に端末が目覚める契機が少なく、同期通信の制御が乱されにくいんじゃないかなぁ、と。勝手な妄想ですが。いや国産メーカはスマホもPCも消せない余計な常駐ソフトてんこ盛りでひどいもんだと思ってましたが、案外、京セラがノートPCとか作ったらかなりいいものができるんじゃね?とか思っちゃいました。

あ、そうそう、ARROWSだとアツアツになるアプリを動かしても熱くなりません。同アプリ、ARROWSだとすさまじい勢いでバッテリを消費して、満充電でも1時間程度しかもたないのですが、DIGNOだと1時間動かしても10%程度の消費で済んでいます。明らかに電力効率が高いです。っていうか、ARROWSはどんなつくりをしたらあんな消費量になったんだろ、ってくらい違います。とにかく、重そうなアプリを気にせずに使えるようになっただけで全然快適さが違います。

ちなみに性能、Xperiaが同時にやってきたので、それとの比較でいうと、動作はややもっさり。同時に同じアプリを起動しても一呼吸遅い感じ。気になるほどではないですが、やっぱり評価されている端末は違うもんだなーと思いました。あと話は逸れますがが、XperiaだとSONYのBDレコーダのコンテンツを全部DLNAで再生できるんですよね。超便利。それ以外の端末だとダメ。何となくコタツリビングを別の部屋に移動させちゃってBDレコーダのある部屋が凍てつく部屋と化してしまっているので、リモートで録画を見られるのは超便利です。

閑話休題。カメラはやっぱりちょっと画質(と言うかフォーカシングの弱さ)が気になります。画像が全体的に暗めなのも。フォーカスはたまにぴしっと合うこともあるのですが、たいていは外しまくり。暗さも、明るい設定にしても単に後処理で明るくしているだけでダイナミックレンジはそのまま、単に画面全体が白っぽくなるだけの明るさ。って感じで、いろいろいじくってみた結果でもカメラは結構不満のある性能のままです。

重さ・大きさについては慣れましたが、やっぱり改めて見るとでかい、重い。このバッテリ容量でもう一回り小さかったら名機と言ってもいいところなんですが。画面サイズはこんなにでかいのはいらないんだよなぁ、と言う感じです。画面がでかいからと言って情報量がそんなに多いわけでもないし。スマホサイトって、画面サイズに依らないレイアウトを実現するためにViewport指定とかするじゃないですか。結局ほとんどそういう画面サイズ変動吸収のためのアプリ・サイト側の工夫のために情報量自体は増えないんですよね。スマホ向けじゃないサイトを見るときにちょっと役立つかも、くらいです。

最後にLTE。相変わらず速いです。エリアの面的広さに関してはあまり実感するほど田舎に行かないのでわからないですが、毎日のように地下鉄でLTEが入る駅が増えているのが好感が持てます。あれ、ここ今日からLTE入るんだー、って感じ。もうLTEに慣れると3Gではデータ通信する気になれないですね(WiMAXのときも同じこと言ってた気がするけど)。一部とはいえ地下鉄で入るようになっている分、WiMAXより確実に使い勝手はよくなっています。また、電車入線など3Gだとどんづまって使えなくなるシチュエーションでも今のところ快適に使えてます。まぁこれに関してはユーザが増えたら同じような状況になっていくでしょうけど。

と言うことで、久々のDIGNOレビューでした。

tweet TWEET
2012/12/17 10:00 · ひとりごと · 1 comment